WooCommerce決済代行サービスまとめ

WooCommerceについて

先日の記事で、WordPressでECサイトを構築するにはWooCommerce(ウーコマース)が簡単でおすすめですよ♪とお話しました。

WooCommerceの導入手順を解説します!
WooCommerce(ウーコマース)の導入って難しそう・・・ 牧野 あかり いえいえ、これが実は思った以上に簡単なんです! WooCommerceの導入手順を解...

この記事の中では、WooCommerceの導入方法と初期設定まで説明させていただいたのですが、今日はその続きの決済についてお話したいと思います♪

記事の内容

  • WooCommerce決済代行サービス
  • 決済の種類
  • クレジットカード決済代行サービス
  • 後払い決済代行サービス
  • 複合型の決済代行サービス
  • 取り入れると良い決済サービスとは?

WooCommerce決済代行サービス

WooCommerceを導入したら、次は決済サービスを設定する必要があります。

多種多様な決済代行サービスがありますので、お好きなサービスを選んで設置いただきます。

まずは、決済の種類をご覧ください。

決済の種類

クレジットカード

ネットショップでお買い物されるお客様の半分以上が利用されるダントツ人気No.1の決済方法です。

エンドユーザーは、何度もクレジットカードを入力するのを面倒臭がったり、信頼のないショップにはクレジットカードを登録しないので、1度購入いただくとリピート化しやすい特徴があります。

決済代行サービス会社によって、決済手数料やサービス内容が異なりますのでショップに合うサービスを選んでいただければと思います。

後払い

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の「ツケ払い」や、メルカリの提供する「メルペイ後払い」から近年、爆発的人気を誇っているのが後払い決済サービスです。

エンドユーザーからの信頼度も高く、気軽にネットショッピングをしやすいのが特徴です。

未回収リスクも軽減できますので、ショップ運営者様も安心ですね(^^)

特に若年層向け商品を取り扱われているショップ様は導入されることをおすすめします。

コンビニ決済

クレジットカードの情報を入力しなくても利用することができ、お近くのコンビニや銀行ATMで支払うことが可能です。

銀行ATMだけですと利用時間が決まっていたり、給料日や月末などは並ばないと利用できず忙しい現代人にとっては24時間いつでも払えるコンビニ決済は非常に人気です。

LINE Pay・Amazon Payなど

こちらも近年、新しく出てきた決済方法でLINE PayやAmazon Payのほかに、Pay Pay・楽天ペイ・メルペイ・QUIC Pay(クイックペイ)など新しくどんどん出てきています。

Pay PayのCMを見ていても力の入れ具合が分かりますよね(^^)

先日、弊社のスタッフがLINEのマーケティングセミナーに参加させていただいたのですが、LINEの方が

これからLINE Payに力を入れる!

と言われていたので、露出度も増えて、利用者も増えるでしょうね(^^)

代金引換

商品が到着した時に配達員に代金を支払うため、お客様にはとても安心度の高い決済方法です。

ショップ運営者様は、代金未回収の心配もありませんので安心して利用いただけます。

銀行振込

どなたにでも分かりやすいポピュラーな決済方法です。

入金確認の手間などはあるものの、キャッシュフローは抜群に良いですね♪

キャリア決済

各キャリア(NTT docomo・Softbank・au)の決済方法です。

携帯電話の料金と一緒に支払いができるのでユーザーにとっては利用しやすい決済方法の1つになります。

クレジットカード決済代行サービス

それでは、具体的にどんなサービス会社があるかを紹介いたします。

こちらではクレジットカードのサービス代行会社をご紹介します♪

stripe(ストライプ)

stripe:https://stripe.com/ja-us

WooCommerceを導入する際、支払い方法の設定画面で「stripe」が出てきますので既に導入されている方も多いのではないでしょうか?

WooCommerce対応プラグインはコチラ(無料)

※動作を保証するものではありません。ダウンロードの際には、最終更新日やダウンロード数などご確認・ご判断の上ダウンロードしてください。

PayPal(ペイパル)

PayPal:https://www.paypal.com/jp/home

こちらもWooCommerceを導入する際の支払い方法の設定画面に出てくるので、ご存じの方も多いと思います。

イーロン・マスクが設立者ということも有名ですね(^^)

PAY.JP(ペイジェーピー)

PAY.JP:https://pay.jp/

決済手数料が2.59%~クレジットカード決済の代行サービスです。

WooCommerce対応プラグインはコチラ(有料)

後払い決済代行サービス

後払い.com(あとばらいドットコム)

後払い.com:https://www.ato-barai.com/

コンビニ後払い決済代行サービスの後払いドットコム。後払いによる未払いリスクが無いことや、代金回収業務まで代行できるのが嬉しいですね(^^)

WooCommerce対応プラグインはコチラ(有料)

Paid(ペイド)

Paid:https://paid.jp/

BtoBの掛売り決済代行サービスのPaid。

WooCommerce対応プラグインはコチラ(有料)

NP後払い

NP後払い:https://www.netprotections.com/

複合型の決済代行サービス

ZEUS(ゼウス)

ZEUS:https://www.cardservice.co.jp/

現在、ZEUS様と共同でWooCommerce対応のプラグインを開発中です。

プラグインの詳細を見る

DSK(電算システム)

DSK(電算システム):https://www.dsk-ec.jp/

PAY GENT(ペイジェント)

PAY GENT:https://www.paygent.co.jp/index.html

WooCommerce対応プラグインはコチラ

※動作を保証するものではありません。ダウンロードの際には、最終更新日やダウンロード数などご確認・ご判断の上ダウンロードしてください。

Epsilon(イプシロン)

Epsilon:https://www.epsilon.jp/

GMO PAYMENT GATEWAY(ペイメントゲートウェイ)

GMO PAYMENT GATEWAY:https://www.gmo-pg.com/

取り入れると良い決済サービスとは?

いかがだったでしょうか?一言に決済代行サービスと言っても多種多様なサービスがあります。

出典:「平成 27 年通信利用動向調査の結果」(総務省)より

平成27年度以降、総務省による通信利用動向調査では、アンケート内容に「インターネットで購入する際の決済方法」が無いため、平成27年度の情報を掲載しております。

総務省による平成27年の通信利用動向調査では、クレジットカードにて支払う人が全体の70%近くを占めています。

続いて、代引き・コンビニ払いとなっており、当時はこの3つの決済方法を取り入れておくと殆どのお客様の決済をカバーできると言われていました。

今もクレジットカード支払いは根強い人気を誇っているため、決済手数料の安くサービスの良い代行サービスを選ぶといいですね(^^)

実際に、決済代行サービス会社を見直すことで決済手数料が下がり、それだけで利益を大きく伸ばされたクライアント様もいらっしゃいます。

また、時代が動くスピードは早く最新の「LINE PAY」決済などのPAYサービスや、人気の高い「後払い決済」なども取り入れていただくと、取りこぼすことなく、より多くのお客様の決済をカバーできるのでおすすめです♪

ショップにLINE PAYを取り入れたのですが、ジワジワ広がりを見せていますね。若年層だけに人気があると思いこんでいましたが実際は幅広い年齢の方に利用されているのが驚きましたね。

 

後払い.comを導入しましたが、新しい顧客層にアプローチすることができ新規顧客を増やすことができました。
また、未払いリスクが無いため、当社では戦略的に後払いを進めていこくことにしました。利用額が増えると手数料も減りますしね!

まとめ

基本の決済方法

クレジットカード決済
代金引換
コンビニ決済

を、取り入れ基礎固めをしつつ、時代の流れに合わせた

LINE PAY
後払いサービス

などを取りれていただくといいですね(^^)

 

もし、「◯◯サービスはどうですか?」や、「△△と◇◇で迷っています」などありましたら、お気軽に問い合わせくださいませ。ブログでは書けないこともありますのでコッソリお伝えさせていただきます♪

お問い合わせ

 

牧野 あかり
牧野 あかり

次の記事では、各サービスの比較記事を書かせていただこうと思っています。

楽しみにお待ちくださいませ♪

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました