最終更新日  2022年6月1日

楽天市場の商品をWooCommerceへ一括登録できます!商品情報一括登録ツール(RMSフォーマット)

¥63,800 (税込)

商品コード: product_information_rakutenカテゴリー: ,

説明

このプラグインセットを利用することで、楽天市場用の(RMS)からダウンロードされたCSVファイルで、Woocommerceへの商品情報と画像登録が一括でできます。

RMSとは?
言わずと知れた楽天市場の店舗運営システムの事です。ネットショップを楽天で出店する際に利用するシステムのことです。

楽天市場に出店されてきたWebショップ経営者の方。
そろそろご自分のドメインで出店、いかがですか?

やっぱり自分のドメインのお店を持ちたいな…。WooCommerceなら手軽にできそう!
でも在庫数とかぜんぶ入力しなきゃならないし、けっこう大変だよね。

牧野 あかり
牧野 あかり
そんなあなたに朗報です。RMSからダウンロードしたCSVをそのまま使ってWooCommerceに商品登録できるプラグインができました。

WooCommerceでこれからWebショップを出したいけれど、楽天市場で販売中の商品をまた一から登録するのが面倒で、踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

初めが大変なんだよね。WooCommerceにも商品をぜんぶ登録しなきゃならないでしょ?

牧野 あかり
牧野 あかり

このプラグインなら、RMSに登録するためのCSVファイルをそのままWooCommerceにも取り込めます!

WooCommerceへの商品登録が一気に楽になっちゃいます!

特徴

※本プラグインは商品情報登録プラグインと商品画像登録プラグインのセット販売のため購入すると、2つのプラグインがダウンロード可能です。

  • RMSのCSVフォーマット(dl-item.csv,dl-item-cat.csv,dl-select.csv)で登録可能
  • オプション商品に対応
  • 画像登録に対応
  • item.csvに関しては、更新・削除機能も利用可能!
  • 一括で登録できる件数は無制限(※サーバー性能、設定に依存します。)

このプラグインがおススメの人

  • 楽天市場出店中でWooCommerceでの導入が初めて、複雑な操作なしに商品登録をたくさんしたい。
  • 楽天市場の画像や商品情報をそのまま使いたい。
  • 削除や更新もCSVでしたい。

WooCommerceでは、CSVインポート・エクスポート機能が標準で使えますが、RMSフォーマットのCSV項目をWooCommerceの項目へ紐づける作業を手動でしなくてはならず、CSVをインポートするごとにその作業をしなくてはいけません。オプション商品(横軸・縦軸の在庫管理をする商品)に関しても手動で対応する必要があります。

本プラグインであれば、RMSからダウンロードしてきたCSVをそのままインポートするだけで、1000点以上の商品を一括登録できます。画像ももちろんRMSのサーバーの画像とURLをそのまま利用することができるので自分でダウンロードやアップロードをする必要がありません。また、商品一括削除も本プラグインで登録した商品であれば可能なので、商品データ登録以降もプラグインを利用することができます。

使い方

  1. プラグインをご利用のWordPress(WooCommerce )サイトにインストールします。
  2. 商品一括登録(RMS)管理画面より、必要項目の入った商品CSVファイルをダウンロードします。
    ※CSVの必要項目は別途記載
  3. プラグインの操作画面よりcsvファイルを指定し、Woocommerceにアップロードします。

 制限事項

 シンプル商品としてのインポート(item.csv)

WooCommerceでシンプル商品として登録されます。item.csvからWooCommerceに登録される項目は以下になります。

また、本プラグインでは、RMSでの商品番号がWooCommerceで商品固有の番号となるSKUに反映されます。

No.商品カラム名WooCommerceでの項目備考
1コントロールカラム必須項目、内部処理に使用
2商品管理番号(商品URL)必須項目、内部処理に使用
3商品番号SKU
4商品名商品名必須項目
5販売価格販売価格必須項目
表示価格が空欄の場合、販売価格がWooCommerce内の標準項目に設定される。表示価格が設定されている場合セール価格
6表示価格表示価格設定されている場合標準価格に設定
7PC用商品説明文説明
8PC用販売説明文簡単な説明
9在庫数在庫
10項目選択肢別在庫用横軸項目名属性のラベル名例:色
11項目選択肢別在庫用縦軸項目名属性のラベル名例:サイズ
12在庫切れ時の注文受付在庫待ちを許可する ?

将来的に、ご要望に応じて送料などの項目追加も検討しています!

オプション商品としてのインポート(select.csv)

WooCommerceではオプション(選択肢)を商品につけたい場合、item.csvで登録した商品にバリエーション商品として登録する必要があります。在庫用横(縦)軸項目名と選択肢が属性として設定されたバリエーション商品が登録され、在庫数はバリエーション商品の在庫として登録されます。

商品画像一括登録プラグインについて(item.csv)

商品画像登録についても、item.csvを利用してRMSの画像を新しいサイトのサーバーにアップロードして商品に画像登録することができますが、プラグインを分けています。(購入すると、両プラグインをダウンロード可能です。)商品情報登録一括アップロードプラグインで画像登録を同時に実行すると、別サーバーからの画像アップロードにより、時間がかかるためプラグインを分けて別々に登録することで、効率化しています。

インポートできる商品数

一度にインポートできる商品数はサーバー性能、設定に依存します。
ご参考までに、弊社テスト環境1000商品を一括インポートした際のサーバー環境(php.ini設定)は以下のとおりです。

  • max_execution_time -1(時間的な制限なし)
  • upload_max_filesize 1G(アップロードファイルの上限サイズは1GB)
  • memory_limit 1G(メモリ使用量上限は1GB)(*1)

(*1) 内部的に、インポート作業中のみ2Gのメモリを確保する仕様となっております。

 

事前により商品仕様を知りたいという方は、商品情報一括登録(RMSフォーマット)プラグインの導入手順と設定方法のページにて使い方やどんなことができるかを詳しく説明しております。

動作確認情報

 WordPress Ver5.9.3
 WooCommerce Ver6.4.1

アップデート情報

日付Ver内容
2022/6/11.0.3/1.0.2商品【情報】/【画像】一括をそれぞれアップデート。対応WP/WooCommerceバージョンを更新
2022/1/241.0.1一部環境でAJAX処理の際に生じる問題を修正
2021/12/091.0.0リリース

商品情報・画像一括登録プラグイン(RMSフォーマット)

¥63,800 (税込)


タイトルとURLをコピーしました